メディクロホームとは

メディクロホームの強みと特徴をご紹介します

「家」から電磁波が出るって、ご存知ですか?

パソコンや携帯電話から電磁波が出ることは皆さんご存知の通りです。でも電磁波の発生源は、もっと身近で、見えないところにもあるのです。

それが「家」なんです。
建物からも電磁波が発生することを、ご存知ですか?
しかも、昔の家よりも、新しい家のほうが電磁波が強くなっています。

いまの家が電磁波が強いわけ


パソコンや空気清浄機が一般的に使われるようになったのはごく最近のことです。今や1部屋に1台が当たり前になったテレビやエアコンだって、ほんの数十年前までは「一家に一台」といわれていました。

家の中に家電製品が増えたということは、それだけ電気をたくさん使うようになったということ。
電気の使用量は、わずか40年で5倍以上になりました。
電気をたくさん使うために、建物も変化しています。


屋内配線の存在


建物の内部には、屋内配線といって、外の電柱から各部屋へ電気を運ぶための配線が通っています。
家電製品のプラグをコンセントに差し込むと、電気が使えますが、このコンセントの先(壁の内側)から配線が通っています。
この屋内配線、25年前は2階建ての住居1軒あたりで150mほどしか使われていませんでしたが、今はなんと1,000m以上!約7倍の量が使われています。住んだ後では見ることができませんが、新築の工事現場などを見ると、配線が束になって床下や壁の内側に敷き詰められている光景を見ることができます。


増加する電磁波過敏症


電磁波過敏症とは

生活環境の電磁波が引き金になって、頭痛、不眠、嘔吐、 めまい、動悸など、さまざまな症状が現われる病気です。2005 年に世界保健機関(WHO)もこの病気の存在を公式に認めています。発症者は世界的に増えて います。

国内で電磁波過敏症を診療する医療機関はわずかで、社会的認知度も低く、 病院へ行っても更年期障害や精神疾患と誤診され、適切な治療を受けられないことが多い病気です。

海外では既に対策する動きも有ります

スウェーデンでは、電磁波過敏症を障害の一つとして認めています。ストック ホルム市では、発症者の自宅に電磁波対策の専門家を派遣、電気ケーブルを電磁場漏洩の少ないものに交換したり、電気ストーブをガスストーブにかえたり、 屋外からの電磁波の侵入を防ぐため、窓に遮蔽フィルムをはったり、壁に塗料 を塗ったりしています。これらの費用は市が負担しているそうです。

メディクロホームは電磁波をカットします

電磁波のうち「電場」はアースでカットすることができます。


特殊な導電性シートを利用し、床や壁など屋内配線の通り道となる箇所に敷きます。
シートをアースすることで、配線から発生する電場を逃がします。


岡崎製材㈱提供

岡崎製材㈱提供


お気軽にお問い合わせください

  • 豊田市・三河エリアで家を新築・リフォームしたい
  • 医者として開業するので、クリニックを建てたい
  • お店・工場・ビルを建てたい
  • その他、建物のことならなんでもご相談ください

お電話でのお問い合わせ

0565-47-9991 受付時間 8:30〜19:00 日曜定休
0565-47-9991 タップすると電話をかけられます
受付時間 8:30〜19:00 日曜定休

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら